21-8-5家路F6家路 

(2)強いチームの条件
 「チームとは何か」について分かったところで、今回は「強いチーム」について考えてみます。強いチームには共通点があります。まとめると次のような条件です。
①揺るぎない目標があること
②「リアルなチーム」であること
③チームを支えるサポート体制がしっかりしていること

 マネジャーはこれらの要点を抑えることで、「強いチーム」を作ることができるという訳です。以下にひとつづつ解説していきます。

①揺るぎない目標があること
 結束の固い優れたチームでは必ず「揺るぎない目標」がメンバーに共有されています。それはメンバー全員が心から納得し、受け入れている確固とした「目標」なのです。チームの構成員であるメンバーは個性も能力も思考も異なる個人の集団です。放っておくとバラバラになりかねません。メンバーをしっかりとまとめ、チーム一丸とする方法が「目標」を掲げることなのです。

 ここに言う「目標」には3つの意味が含まれています。第一の意味は「ミッション」です。このチームが志向すべき抽象的な目に見えない価値。例えば、「誰にも負けない製品を通して、お客様に最高の満足を与える」、「このサービスを提供して困っている人々を救い、社会に貢献したい」などです。メンバーの心を奮い立たせるようなミッション、「使命感」に訴えるものがいいでしょう。

 「目標」の第二の意味は、「ミッション」を実現するための具体的なゴールです。「売上目標前年比130%」、「画期的な新製品を2年以内に開発する」などがその例です。

 そして第三の意味は、「目標を達成するプロセス」です。メンバーは「目標」を理解しているだけではありません。その達成のプロセスに関しても理解し納得していることが必要なのです。

②「リアルなチーム」であること
 ここにいう「リアルなチーム」とは、第一にメンバーが安定して入れ替わりが少ないこと、第二にメンバーの役割と権限が明確であること、そして第三に目標達成に必要な専門性・知識・技能を備えたメンバーであること、を意味しています。
 安定していてメンバー間の信頼関係が確立し、異質な個性や専門性を持ちながらも協力しあえるメンバーであること。これが第二の条件です。

③チームを支えるサポート体制があること
 サポート体制とは、まずチーム活動に必要なリソース(経営資源、情報、予算など)が与えられること。また、メンバーに対するトレーニング、研修、コーチングが充実していること。そしてメンバーのモチベーションを維持するために公平な評価制度や報奨制度が整備されていることです。
 チームが目標を達成するためには、周囲から多角的なサポートを受ける必要があります。マネジャーはこうしたサポート体制にも目配りしておかねばなりません。

 「強いチーム」になるための条件は他にもありますが、まずは上記の3つの基本条件をしっかり押さえておくことが大切です。どうでしょうか。今まで述べてきたことで、マネジャーとして何をすべきかが朧気ながら見えてきたのではないでしょうか。 次回はいよいよ「マネジャーの役割」について考察したいと思います。
(2021/8/19)

参考
「経営者の役割」チェスター・バーナード 1981年 ダイヤモンド社
「デキるチームの5つの条件」R.ハックマン 2005年 生産性出版