19-6-5渓流釣りF8
 渓流釣り

始まった人口減少
 日本の総人口は2008年をピークに減少に転じています。今後40年で人口は3千万人減少し、2050年頃には1億を割るという見通しです。
 日本経済の研究家デービッド・アトキンソンは、人口減少と高齢化が進むなかで経済成長を保つことは可能である、と主張しています。彼の主張のポイントは、社会保障を維持するための大幅な生産性の向上。そしてそれを可能とするための最低賃金の拡大と人材育成です。

 日本は現在のようなGDP規模で世界第3位という経済大国に留まることはできないでしょう。しかしドイツやイギリスのような、人口が7~8千万人程度の中規模で生産性の高い、民主的な福祉国家になることは十分可能です。
 そのために私たちがすべきこと、それは真に豊かな社会となるための未来へのビジョンを描くこと。そしてそれを達成するための戦略を持つことでしょう。

豊かな社会への戦略
 豊かな社会、とは何か。第一に「ひとが生きやすい社会」であること。つまり人間性が最大限に尊重されることが基本です。第二が「生産性が高い」ということです。この両者を同時に満たすことがこれからの日本社会の課題だと思います。

 経済規模は世界第三位の「経済大国」ですが、日本の生産性は残念ながら先進国中では20位(37か国中)という低位に留まっています。人口が減るなかで生産性を高めていくことが、「豊かさ」を維持するための最重要の課題です。
 生産性を高める、とは「効率よく働く」、あるいは「効率よく成果を出す」、ということです。それを可能にする技術革新が今進行中です。AI・デジタル革命、と呼ばれる技術革命です。

AIを活用した生産性向上
 AI(人工頭脳)に関しては昔からブームがありましたが、最近は、深層学習(Deep Learning)と呼ばれる新しい技術段階をきっかけに第3次ブームが来ているようです。
 Net技術とAI・ロボット技術を組み合わせることで、今後あらゆる産業で生産性を向上させることが可能となるでしょう。
 あるAI研究者は、「AI導入で仕事の生産性が上がり、ひとは単純労働から解放され、知的で楽しい仕事をするようになるだろう」と予想しています。
 
 AI、というと将来人の雇用を奪う、というネガティブなイメージがあります。2045年にはAIは人間に追い付くというシンギュラリティ(技術的特異点)の予測すらあります。
 しかし現実には人間の頭脳を完全に超えることは当分あり得ないし、一時的に「技術的失業」による産業間移動が起きるものの、ひとの働く場が無くなることはなさそうです。

AI時代の「ひと」の価値
 私はAIの導入は必然であろうと考えています。ただし条件があります。あくまでも人間が主体でなければなりません。生産性を高めるには、AIを正しく活用する「ひと」の側の資質が問われるのです。
 その意味で、これからは企業において「ひと」の質を高めるための人材育成が今まで以上に重要になってきます。AIに
出来ない「人間らしい思考力」、「感性」といったものや「コミュニケーション能力」が企業の生産性を高めることとなるでしょう。

 生産性が高まった職場とは、どんなものか想像してみましょう。事務や情報処理の多くにAIを活用して単純作業はロボットがやってくれます。社員の給料は50%アップで勤務時間は以前の半分位で済みます。「ひと」の能力を伸ばし、活かす職場ですから、社員は心から仕事を愉しむことができます。

 AIには大きな可能性がありそうです。同時に安易に取り組むと、人間の隷属・心の疎外というリスクが潜んでいます。あくまでも「ひと」に価値を置く人間中心主義でいくこと、AIに負けない人間性に磨きをかけることが成功のカギであると思うのです。

(2019.8.24)

参考
「日本人の勝算」 D.アトキンソン 2019年 
東洋経済新報社
「AI時代の新ベーシックインカム論」 井上智洋 2018年 光文社新書