心地よい居場所(税所彰のコーチングエッセイ)

私はコーチングの講師。高齢化社会で心地よい居場所を探しながらエッセイを綴っています。働き方・人材育成のこと、世の中との付き合い方などについて考えを深めたい方、年齢に関係なくヒントになれば幸いです。                                  

2018年10月

「知識メタボ」の対策

18-10-12柘榴F4
 人は食べ過ぎるとメタボリック症候群に陥ります。知識や情報にも同じことが言えます。近代は知識偏重の時代です。知識が多ければ多いほどいい、という「知識信仰」が根強いのです。外山滋比古さんは「知識メタボ」という造語を作って警告しています。

 現代はネット社会であり、知識や情報を得ることが以前に比べて格段に楽になりました。しかし膨大な知識・情報は上手に活用されているでしょうか?情報を持て余し、未消化のまま抱え込む「知識・情報メタボ」状態に陥ってはいないでしょうか?

 外山さんは対策として「忘れる」ことを提言しています。過剰に取り過ぎた知識はどんどん捨て去ることが大事だ、というわけです。脳には常に必要な情報や知識だけをストックしておけばいいのです。でも「忘れる」だけでいいのでしょうか。少し足りない気がします。

 私は「知識メタボ」対策として、「考える」ことの効用を付け加えたいと思います。知識や情報は生ものと同じです。鮮度が高いうちにさっさと料理して使ってしまえばいいのです。それが「考えること」なのです。

   ◆    ◆    ◆    ◆    ◆

 ここでいう「考える」とは通常よりも広く、アウトプットするという意味を含みます。つまり知識・情報を組み合わせることによりあるテーマの解決方法を導き出し、その結論、つまり「考えたこと」を表現することです。具体的には、例えば考えたことを人に話してみる、文章にしてみる、行動してみるなどが考えられます。

 あるテーマについて調べるとき、私は必ず参考資料を複数読むようにしています。資料となる本を読みながら、気に入った情報があればノートにメモしていきます。最後にメモを読み返し、特に印象深い部分にマークをつけます。

 こうして複数の資料から、自分のテーマに必要な情報が多角的に得られるので、それらをベースにして自分の考えを文章にまとめていけばいいのです。私の場合、友人や知人との会話や、ブログを書くことがアウトプットの場となっています。あるいはセミナーなどで「ネタ話」として情報を使うこともあります。

 インプット(入力)するだけでアウトプット(出力)しなければメタボに陥ります。せっかく得た知識・情報を上手に使うには創造的な作業が必要です。「知識メタボ」にならないためにも、アウトプットすることをお勧めします。

(2018/10/17)

参考図書
「忘却の力」 外山滋比古 みすず書房

俳句と近代化

18-9-30秋の気配F6

俳句批評家の、長谷川櫂さんは分析手法が非常にシャープで創造的なので、いつも刺激を受けます。最新作「俳句の誕生」という本は刺激というよりも衝撃でした。

最も衝撃的だったのは、俳句を巡る「近代化」の議論です。古代の和歌や中世の連歌に起源を持つ「俳句」を確立したのはもちろん芭蕉でした。

古池や 蛙飛び込む 水の音

芭蕉俳句の脈流は現代まで続いているのですが、「近代化」という観点でみると、芭蕉俳句は和歌の世界や王朝文化の知識を踏まえた詩歌である点、「古典主義」と呼ぶべきものです。大衆が文化として参加する「近代」とは言えないのです。

俳句の近代を担った人物、といえば普通は明治期の正岡子規です。しかし氏によれば、それは江戸後期の小林一茶(1763~1828)だというのです。「古典主義」のテーマから完全に離れて、「自分中心に」自由に作句することを示した一茶のお陰で、「古典」に無知な一般の大衆が一気に俳句に参加し始めたのです。

天にひばり にんげん海に 遊ぶ日ぞ

近代は、既に江戸後期に始まっていた、という指摘は、何と刺激的なことでしょうか。

  ****************

「近代化」とは「西欧化」である、と単純に考えていましたが、これはどうも思い違いでした。市民革命を起こした西欧自身は「近代化」を「西欧化」である、などとは決して言わないわけですから。
近代化、の指標は「西欧化」ではなくて「大衆化」であるべきでしょう。(ついでながら、近代化=西欧化という誤解は、多くの日本人を偏狭な「排外主義」に向かわせる元凶でもありました。)

古典文学に頼らずに、誰でも分かる日常語で、自分の気持ちを生き生きと描くこと。それが俳句の大衆化であり「近代化」ということなのでしょう。

明治期には子規は、古典主義に毒された「月並み俳句」を批判し、俳句はさらに大衆に身近になっていきました。
子規の後を継いで近代の俳句を担ったのは虚子でした。

白牡丹 といふといえども 紅ほのか

こうして成立した近代大衆俳句を超えて、これから俳句はどんな方向に進むのでしょうか。長谷川氏は日本と日本人を根底から変えたものは「敗戦」ではなく、「高度成長」だったと指摘します。批評と選句が衰退して代わりに俳句の指標が「人気」になってしまった、と嘆きます。
「人気」とは本が売れたり、マスコミに騒がれたり、テレビに出たり、ということの影響でしょう。さらに近年はインターネットが俳句を含めた「大衆化」の文化全体の質を脅かしています。

  ****************

俳句の批評を読みながら、優れた文化論を読んでいる気分でした。現代は明らかに「大衆化」が進んだ時代です。「近代」という歴史区分を使うと、現代の課題はどこにあるのでしょうか。

長谷川氏が喝破したように、大衆化により文化の質の劣化が起きています。そのことを認めつつ、どう克服していくか、あるいはどう折り合いをつけていくかについて考えることが、未来の方向性を与えるのかもしれません。
そして、これは無論俳句だけの話ではないのです。

(2018年10月3日)
参考図書:
「俳句の誕生」 長谷川櫂 筑摩書房 2018年