心地よい居場所(税所彰のコーチングエッセイ)

私はコーチングの講師。高齢化社会で心地よい居場所を探しながらエッセイを綴っています。働き方・人材育成のこと、世の中との付き合い方などについて考えを深めたい方、年齢に関係なくヒントになれば幸いです。                                  

2015年10月

川越祭り


 今年も川越祭りの季節を迎えました。10月が近づくと
地元の神社から囃子の音が聞こえ始め、町内が俄かに
活気づくのです。
山車

 氷川神社の秋の例大祭として、江戸時代に始まった
川越祭り。当時から関東でも有名な祭りだったそうです。
 蔵造りの街並みや時の鐘を背景に、手古舞や法被など
揃いの祭り衣装を纏った町内の人々に曳かれて山車が
通る姿は美しく、まるで江戸時代に迷い込んだ気分です。

 子供の頃、住んでいた喜多町の山車を曳いた記憶が
甦ります。昼間は子供たちが山車を曳けるのです。
曳き終わるとお菓子を貰えるのが楽しみでした。

  ***************

 一番街通りの中ほどに、幸町(さいわいちょう)の
会所が設置されています。会所とは祭りを宰領する
町内の詰所です。
覗いてみると古い友人たちが顔を揃えていました。

 中学の同級生であるK君から、面白い話を聞きま
した。幸町には山車が2台あるというのです。
 幸町は戦後に旧来の南町、鍛治町、多賀町(一部)
の3つの町が合併してできた町でした。どの町も山車
を持っていましたが、多賀町だけは明治の川越大火
で山車を焼失したままだったので、2台になっている
という訳です。

 この町にはまだ江戸時代の町割りの記憶が色濃く
残っている思いを深くします。

  ***************

 江戸の初期に形成された河越城下十ヶ町は、武家
方と区別された商人や職人たち「町方」の自治区
でした。
 戦国の世が終わって間もない時期。幕藩体制の確立
のため身分制の固定化をはかろうとする武士階級に
対抗する町方たちの反発は強かったことが想像されます。

 城を拡張し町割りを采配した城主松平信綱が、同時に
この祭りを奨励した背景には、町方のエネルギーを
発散させる狙いがあったはずです。
 一方、祭りは町方にとっては自らの気概と誇りを天下に
示す絶好の機会であり、城下の一大イベントとして隆盛
を遂げていったのでした。

 明治維新で士農工商の身分は制度上は廃止され
ましたが、400年の歴史に培われた川越の商人たち
の魂は、川越祭りのなかに連綿と受け継がれている
ようです。
 
  ***************

 会所に詰めている友人たちもすっかり年をとりました。
「もう長老だね」と云うと、「まだまだ上がいるよ」という
返事。
 他所の町の山車が通るたびに、「あいさつ」の口上
を交わすのがしきたり。「長老」たちもその応対に結構
忙しそうです。

江戸時代。遠い過去のように感じていたけれど、この街
では意外に身近な所に隠れていて、お祭りのときなどに
その残り香を振りまくようです。

(2015.10.20) 

水彩画について

秋晴れの日曜日、丸の内の丸善ギャラリーで開催されて
いる水彩画展に出かけました。時折絵筆を取っている
程度の日曜画家にすぎませんが、これでも少しは上手に
なりたいと思う気持ちもあるのです。

2015-10-10柿

やはり実物は素晴らしいと思いました。著名な画家の
方々の作品は、写真で見るだけでは分からない微妙な
色調や筆のタッチまでリアルに伝わり、圧倒されます。

良い絵、ひとを魅了する絵には、作者の技量だけでない
ある強い「思い」が込められているように感じます。何気
ない風景の一部を白い紙の上に写し取るだけの作業・・・。
簡単そうに見えて、決して妥協を許さない、ある繊細な
感覚が作用しているように思えます。

****************

 桜花散りぬる 風の名残には
     水なき空に 波ぞ立ちける  

透き通った水彩画のような紀貫之の一句。
和歌のような文学と水彩画に通底するものがあると
すれば、それは両者ともある美的な「感動」を写し取る
作業である、という点でしょう。むろん芸術一般に
当てはまることでしょうが。

作者は、ある物や風景から得られたあいまいな感情を、
種にしてそのありかを探りあて、的確な描写力で表現
するのです。和歌でしたら、膨大な言葉のストックから
ピタリと当てはまる一語を選び出すのでしょう。

水彩画なら、差し当たり風景の切り取り方でしょうか。
モチーフや感動の中心を、余すところなく切り取って
表現することは、やはり経験と感性が織りなす繊細な
作業であるに違いありません。

****************

日曜画家としては、高レベルの作品を前に圧倒される
ばかりでした。でも、絵を作品に仕上げるときの、画家の
姿勢や視点の在り方が感じられたのは収穫でした。

そう広くないギャラリーは多くのひとで混雑していましたが、
作品から見えない力を与えられた気分で、満足でした。
眺めのいい丸善のレストランで食べた名物「ハヤシライス」
も、おいしかった。

(2015.10.18)