そろそろ古くなった畳を替えなければならなくなりました。
マンション暮らしですが、一室だけ畳の
部屋があるのです。

この際畳を止めて洋室にリフォームを、とも考えましたが

結局和室を残すことにしました。

 

「和洋折衷」のなかで暮らすことの意味、和の文化について

少し考えてみたいと思います。

 

************

 

「和風」の生活文化の原形は、室町時代に出来上がったと

言われています。当時は豪華絢爛な金閣寺の文化も存在

したのですが、日本人の感性は地味で清貧な銀閣寺の

東山文化のほうを好んだのです。

 

東山に山荘を築いた将軍義政は、政治的には無能でした

が文化の創造に関しては貪欲で有能でした。

狩野正信や雪舟といった絵師のほか、善阿弥(庭園)、

立阿弥(花生)など当代一流の才人を結集して、その後の

文化の源流を作り上げていきました。

 

日本家屋の特徴をなす畳の間、障子、床の間、違い棚

などはここで生まれました。壁に掛け軸を飾り、陶器に

花を生け、客人に茶を入れて庭園を眺めながら連歌を

愉しむ、といった「和風」の生活スタイルが、この山荘で

創生されたのです。

 

************

 

うんと荒削りに日本の文化の歴史を眺めて見ますと、次

の大きな転機は幕末明治期でしょうか。和の文化は西欧

の近代文明の前に大きな試練に立たされます。

国として「近代化」を受け入れようと決意したものの、実際

は生活の隅々まで入り込む「西欧文化」との摩擦の連続でし

た。伝統的な和の文化は、圧倒的に便利で合理的な近代

西欧文明の前にコンプレックスを味わい、肯定と否定の

間で振り子のように揺れ動いたことでしょう。

 

受け入れ過ぎると「舶来主義」に、拒絶し過ぎると「国粋主義」

という両極端に陥ってしまいます。

夏目漱石は留学先のロンドンで精神的な危機を経験します

が、当時の日本が置かれていた深刻な文化状況を象徴する

出来事でした。

短絡的と叱られるかもしれませんが、太平洋戦争はそうした

日本人の精神的な危機を背景とした、いわば和と洋の文明

の衝突という側面もあったのではないでしょうか。

 

戦後の歴史を振り返ると、高度成長を経て世界有数の

経済大国となっていくなかで、私たちは徐々に自らの国

の文化に誇りと自信を取戻していきます。

和の文化は、寿司をはじめとした和食、勤勉な勤労精神、

高度な先端技術、丁寧なサービス精神など、既に世界中

の人々に受け入れられ、国際文化にも大いに貢献して

います。

明治維新以来、日本人を悩ませてきた「和の文化」に対

するコンプレックスは、平成の現在では晴れて払拭され

たと言えるのではないでしょうか。

 

************

 

「和」という文字は、軍門に立てる標識「禾」と、誓いの文書

を入れる箱「口」から成っています。つまり和とは敵対して

いる者同士が和議を結ぶ、という意味を持ちます。

 

「和」とは相容れないものを和解させて調和させる、という

イメージの象徴です。異なる文化との融合も示唆するこの

文字を国の呼び名とした古代人の知恵と感性には感嘆せ

ざるを得ません。この小さな島国の穏やかで美しい風土

には猛々しい甲武は似合いません。

 

近代国家となった日本は、一時ひとびとを国家に従属さ

せる国家主義に傾き、遂に一国を滅ぼしてしまいました。

そこでひとびとは二度と戦火を交えないという誓いを立て

たのでした。

この不戦の誓いは、実は古代からこの国の歴史に滔々と

流れる精神を底流にしていることに気づかされます。

 

「和」という文字が戦乱の悲惨と虚しさを知り尽くした末に

古代の知恵者が見出した希望の象徴であればこそ、

その意味は現代にこそ響かせるべきであると思うのです。

 

(2014.1.20)

参考

「和の思想」 長谷川 櫂 中公新書 2009

「足利義政と銀閣寺」 ドナルド・キーン 中公文庫 2008