心地よい居場所(税所彰のコーチングエッセイ)

私はコーチングの講師。高齢化社会で心地よい居場所を探しながらエッセイを綴っています。働き方・人材育成のこと、世の中との付き合い方などについて考えを深めたい方、年齢に関係なくヒントになれば幸いです。                                  

歴史を知ること

シャルダン水差し (1)
         シャルダン「水差し」
 コロナのための外出自粛が続いていますが、私の歴史の
勉強にとっては集中的に時間がとれるので好都合です。
税所氏という薩摩国大隅に栄えた豪族の歴史をグループで調べているのですが、素人ながら歴史に分け入る面白さ、醍醐味が少し感じられるようになりました。

 物語を紡ぐには、何らかの史料がどうしても必要です。税所氏は残念ながら戦国時代に島津氏に滅ぼされたこともあって史料があまり残っていないのです。
 歴史的な文書でいえば「島津家文書」とか「入来院文書」などが有名です。税所氏にもそのようなまとまった文書があればいいのに、と恨めしくもなります。

 やはり歴史は「文字」に書き記さない限り消滅してしまうものだ、とつくづく思います。個人で実力のある人物なら「文字」にして残すことも出来ましょう。代々続く家柄であれば、きっとその家柄の力で「文字」を残すことができることでしょう。
 私たちは、今回の研究でどんな「文字」を残すことができるのだろうか・・・と考えてしまいます。

********************
 
 今私たちが税所氏の歴史を調べることの「価値」は何でしょうか。平安時代に都から遠国大隅に下向したひとりの人物が、やがて地域の棟梁となりその子孫が繁栄して豪族となり栄えていく。それは後世の子孫だけでなくとも快い物語であり、「価値」である、かもしれません。

 しかしその後守護島津氏によって滅ぼされた後の歴史はどうでありましょうか。系流は分かれて、その多くは島津の家臣となってそれぞれが新たな歴史を形成していくのです。それは決して「華やかな」歴史ではなく、地味な歴史と言うべきかもしれません。

 領主として城に住んだ華やかな時代、それは逆に見れば隣国と常に争わねばならない戦さの絶えない時代でした。領地と城を失ない島津氏の家臣となった後も戦さは続きました。戦さのない世をどんなにか待ち望んでいたことでしょうか。やがて戦国の世が終わり、それなりに幸福を味わったのかもしれません。
 そこでどんな暮らしをしていたかを知り、どんな気持ちで生きていたのかを想像することも、後世である現代を生きる私たちにとっては「価値」なのかもしれません。

********************

 私の3代前の曾祖父税所矢右衛門は江戸末期のひと。1829年(文政12年)生まれで、丁髷を結って刀を差した武士でした。明治を生きた祖父、昭和を生きた父と2つの世代を経て現代の私に繋がっています。

 手元に曾祖父が書き残し、祖父たちが伝えた古文書があります。それは西南の役で一家を襲ったある悲劇でした。村長として官軍と西郷軍との板挟みとなった結果、子供たちを失った曾祖父の嘆き、悲しみが、淡々とした記録から伝わってきます。

 現代から過去へ時間を100年遡るだけでも、社会の様子が一変してしまっていることに改めて驚きます。歴史は時間という道を辿るタイムトラベルのようなものでしょうか。時代によって次々に代わる景色を楽しむことも出来ましょう。同時に、人々が後世に伝えたい、と願った言葉が、今を生きる私たちに届くとき、時代を越えて何か厳粛な思いを抱くのです。

 現代という出発点に戻った時に、今生きている時代がより深く理解できる。そして今何をすべきか、という指針を与えてくれる。歴史とはそのための旅である、と言ってもいいかもしれません。


(2020.7.17)

人材育成のすすめ

20-2-21堤防の物置小屋F4

 人口減少時代に突入した現代の日本。企業が取り組むべき最大の課題は、「ひと」、つまり人材の育成です。

 今後労働力不足はますます深刻化し、AIデジタルやロボット技術が本格的に導入されるでしょう。これからの10~20年は高齢化も進み、高度経済成長期にも匹敵する大規模な社会構造の変化が起きるでしょう。それに伴って産業構造も変化することが予想されます。

 企業がこの変化に柔軟に対応し、新しい時代を先取りしたイノベーションを起こして新技術や事業を興していくためには、質の高い人材の育成が不可欠です。

 これは日本企業のみならず、日本社会にとっての大きな挑戦です。日本は人口が減少するにも関わらず、生産性を上げて経済を発展させる必要があるからです。もしこの挑戦に成功出来れば、日本は将来GDP規模では現在の3位から10位程度に後退しているかもしれませんが、生産性では現在の40位から10位以内に急上昇していることでしょう。

  ◆    ◆    ◆    ◆    ◆

 日本の教育にはひとつ問題があります。多数の生徒を一人の教師が「教える」一斉授業では、自由で自発的な発想が生まれにくいでしょう。高い同調性や金太郎飴のような画一的な人材を作る「大量生産時代」には有効でしたが、教育は既に時代遅れです。独創的な発想、自由な思考力が求められています。

 政府の教育改革に期待して待っていても仕方がありません。企業は独自に新しい人材育成を模索すべき時です。

 企業自体も従来のピラミッド型組織、年功序列は維持することが難しくなっています。変化は始まっているのです。変化を先取りし、企業の未来を拓くためには人材育成しかありません。
 
  ◆    ◆    ◆    ◆    ◆
 
 人材の育成には時間が掛ります。未来に生き残る企業の経営者は、人材育成への投資を怠ってはなりません。

(2020/4/21)

マネジャーと生産性

Fruits

生産性を上げる3つの分野
 企業の生産性を上げるうえで最も重要な役割を果たすべきキーパーソンはマネジャーです。現場で部下を率いているからです。
  マネジャーが生産性を上げる分野は3つあります。
1)社員を育成する
2)チーム力を伸ばす
3)業務プロセスを見直す

ひとつづつ解説していきます。

社員の育成
 社員の成長はそのまま生産性の向上に繋がります。社員の能力が伸びれば仕事を少しづつ委譲して、マネジメントの時間を捻出していくことが出来ます。現代は90%の管理職がプレイングマネジャーです。業務に忙殺されていて社員育成の時間が取れない、というジレンマを断ち切って、マネジメントの余裕を作ることを最優先すべきでしょう。
 
 ひとの育成に必要なスキルはふたつ。まずコミュニケーションスキルです。リーダーとして部下である社員と信頼関係を作ることは必須です。相手を認めてしっかり聴き、質問力で自律性を引き出すコミュニケーション力を身につけて下さい。
 第二に人材育成のスキルです。ひとの能力とは何か、能力を伸ばすとはどんなことか、行動科学を学べば、能力を効果的に伸ばすための様々な知識をえることができます。

 社員の育成については、実践的な場面でのより深い検討が必要です。例えば、若手社員を育てる、シニア社員のやる気を引き出す、ワーキングマザーや介護社員への対応・・・。あるいはハイパフォーマーを育成してイノベーションを起こす法、アベレジパフォーマーの扱い方、など「ひと」の多様性を生産性に結びつけていくことを考えていくことが求められます。

チーム力を強化する
 社員を束ねてチームとしての成果を上げることがマネジャーに求められます。そこでは、「私が中心」のリーダーシップではなく、皆を活かす役としての新しいタイプの「リーダー」が求められています。サーバント型リーダー、あるいはコーチ型リーダーと呼ばれます。

 チームを一丸とするには、ひとの心に訴えるメッセージ、「ミッション」が有効です。何のために私たちはこの仕事をしているのか。利他の精神に基づく崇高な理想が必要です。リーダーとしてまずミッションを掲げましょう。

 先ほどの「社員の育成」は、チームと連動していることが前提です。チームの結果があってこその個人の評価なので、逆ではありません。社員の育成が成功し、マネジャーの指示がなくても自律的に動く「自主運営型」のチームが出来たら最高です。また、特に秀でた能力がある訳でもないアベレジパフォーマーの集団でも、チームとして優れたパフォーマンスを上げることができます。

  チームメンバー同士が互いを認め合い、協力し合うチームは最強です。そのための秘訣はマネジャーが弱者にも気を配ることです。チームで一番立場が弱い社員でも自信を持って仕事が出来ている、そんな理想のチームを目指しましょう。

業務プロセスの見直し
 生産性を高める重要な方法は「業務プロセスの見直し」です。徹底してムダな仕事を排除することです。敢えて例えると、ビジネスとは有限な時間と人(インプット)を使って高い成果(アウトプット)を上げるゲームです。業務とは人が時間を使ってある仕事をすることです。成果に影響しない仕事は止めることです。
 
 業務見直しのフレームワークとして「ECRS」があります。Eliminate(やめる)、Combine(まとめる)、Rearrange(入れ替える)、Simplify(簡素化する)という4つの基準から業務を徹底的に見直すのです。例えば、無駄な会議をやめる、メールや文書作成にテンプレートを使って簡素化する、・・・など。
 これらを駆使していくことで職場の業務プロセスが改善されれば、生産性が上がることでしょう。

 業務見直しの過程でITやAIの導入が必要となる場合があります。これに伴ってもっと根本的な今までにない全く新しい業務プロセスが生まれるかもしれません。ビジネスイノベーションを生み出すことも、これからのマネジャーの視野に入れるべきことです。

      ◆   ◆   ◆   ◆   ◆

 業務プロセスの見直しについて、最後に付け加えておきたいことがあります。業務プロセスの目的は生産性の向上ですが、その過程で人間性の問題が関与しています。生産性が向上すれば残業を無くすことが出来、ひとには余暇時間が生まれます。仕事以外の人生を充実させることができるのです。 更にAI(人工知能)の登場で、人間の役割は何か、という新しい課題が生まれます。
 現代のマネジャーは、新しい哲学を持つ必要があるようです。

   
(2020年3月27日)
参考文献
「生産性」  伊賀泰代 2016年ダイヤモンド社
「チームを120%強くするメンタル強化メソッド50」
    浮世満理子 2015年 実業之日本社
「プレイングマネジャーの基本」 伊庭正康 
    2019年 かんき出版